プリンターのインクにはどういう種類があるか説明します

感熱紙を使う特殊な場合を除き、インクを用意しないと印刷をすることができません。特に、インクジェットプリンターは、顔料インクか染料インクのどちらかの種類を用意する必要があります。この二種類の違いを理解した上で購入している人は少ないです。インクジェットプリンターを使ってカラー印刷を行うときには三つの色のインクを用意する必要になります。それぞれシアン、マゼンタ、イエローとなっている訳ですが、この三つの色が揃っていれば、理屈の上ではどんな色も出すことが可能です。ところがこれは、あくまでも理屈の上での話で、黒だけはうまく色を再現することが難しいのが実情になります。完全に黒い色を再現するため、黒色を加えた四つの色を用意する必要があります。これらの色を用意するためには種類別の特徴を知る必要があります。

染料インクという種類の特徴について

染料インクは、とても細かい粒子で構成されています。本来は茜や藍などから採取されたもので、溶剤に溶けやすい特徴があります。プリンターに使用するものは化学合成されたものですが、特性はほとんど差がありません。色が再現されやすく光沢も出やすい性質があり、細かい粒子が紙に染みることにより印刷をします。重ね塗りもでき、粒子が溶剤に溶け込んでいるので透明感が出ます。プリンターに使用するときには、紙に染みこませてから発色する性質があるので高お画質の印刷に向いています。細かい粒子でできているのでノズルの部分に詰まりにくい性質があり、故障を減らせるため信頼性があり、今プリンターに使われている主流のインクとなっています。デメリットとして挙げられるのは、紙の種類による、滲みやすいということです。

比較的大きな粒子であることが特徴の顔料インク

顔料インクという種類は、元々鉱物や土などで作られていたという特徴があります。プリンターに使用されるものは、化学合成されたものですが、染料インクより粒子が大きいのが特徴です。顔料インクの素材は油や水などの溶剤に溶けにくい性質があります。粒子は溶剤の中で浮かぶ状態となっていて、紙に絵の具を塗っているのと似た状態です。印刷されるときにも、紙の表面にくっついて色を発することになります。溶剤は、そのときに紙の奥の方に浸透して乾燥するので、乾きやすいという特徴があります。溶剤に溶けないため、水に強く、滲みにくい性質があります。紫外線に対しても劣化しにくい性質があるので、耐光性がある印刷物を製作するのに向いています。比較的大きい粒子を使っているので、プリンターの故障が起きやすいデメリットもあります。