プリンターのインクカートリッジの形状について説明します

職場や自宅などで使っている、インクジェットプリンターですがインクカートリッジにはいくつかの種類があります。メジャーなものは2種類あり、1つが染料インクと呼ばれるものと、顔料インクと呼ばれるものの2つです。どちらもインクをノズルから出して、紙に付着させてデータを印刷するという仕組みは同じですが、染料インクは用紙の表面にしみこませるのに対し、顔料インクは用紙の表面に付着させています。それぞれのインクによって仕上がりは少しずつ違っています。どちらを使用しても綺麗な仕上がりであることには変わりありませんが、得意分野不得意分野が存在しているのです。プリンターを使用する用途は、それぞれの場所である程度決まっていると思うのでそれにあわせてインクも選びましょう。

染料インクによるプリントの特徴

まず、染料インクによるプリントの仕上がりの特徴としては、発色がクリアーで鮮やかでどちらかというと光沢感が出やすいことです。色が鮮やかなので、カラフルな像をプリントするときには色がハッキリと出るのでおすすめです。また、光沢があるので高級感も出やすいです。デメリットとしては、インクが乾燥するまでに少し時間がかかることと、メモリーカードを使用してデータを送る場合プリントできるスピードが少し遅いことです。ただし、大量の枚数を印刷しないのであれば特に問題ないかと思います。また、どちらかというと顔色インクより価格がリーズナブルなので手軽に使えます。一般的にいろいろと用途別に使えますし、価格も安いので市場に多く出回っているのはこちらの染料インクの方が多いです。

顔色インクによるプリントの特徴

こちらの特徴としては、どちらかというとモノクロや少ない色数の写真のプリントが得意です。繊細な色の再現が可能で、雰囲気のある仕上がりになります。カメラが趣味だったり、モノクロの写真が好き、という人にはおすすめです。また、良い点としては速乾性が高く、早く色が安定します。プリンターの耐久性にも優れており、データの転送も染料に比べると早いです。作品としてのクオリティを高く表現したい、という場合にはこちらがおすすめです。染色に比べると少し高いことが多いですが、そこまでめちゃくちゃ高いという訳ではありませんので1度試してみるのもおすすめします。このように、写真が全く同じであっても、仕上がりを少し帰ることが可能でこういったところも写真の面白いところですね。