プリンターのインク成分について説明します

文章を印刷したり写真を印刷する際には、プリンターを使い印刷することになります。そのため、プリンターは印刷をするにはなくてはならないものになりますが、単独では使用することはできません。紙が必要であることは当然ですが、文字や絵など色を付けるには、インクが必要になります。プリンターには、カートリッジが入ってインクの残量などもあることで初めて印刷することができます。しかし、ここで注意しなければいけないことが、インクにも使用するものによって成分が違い、それぞれ特徴があることになります。成分により、顔料インクと染料インクにわけることができ、特徴が違うだけでなく使用できるプリンターも違うことがあります。そのため、使う際にはそれらの注意点を把握しておくことが必要になります。

顔料インクの特徴はどのようなものか

顔料インクとは粒子が大きく、印刷する場合には紙にしみこむことがなく、表面に付着して発色するものになります。そのさいに溶剤が紙の中に浸透して乾燥するため、印刷物の乾燥速度は速いことが特徴になります。顔料は水や油といった溶剤に溶けることがないので、耐水性が高く紙に浸透しないのでにじむ心配も少なくなります。そのほかにも耐光性や耐オゾン性にも優れていること、濃くはっきりと印刷されるといった特徴があります。濃くはっきり印刷することができるので、文字を印刷するときにおすすめされるものになります。しかし、顔料は粒子が大きいためプリンターで使用する際にはトラブルを起こしやすいものになります。トラブルにはインク詰まりがありので、使用するさいには注意するようにしましょう。

染料インクの特徴はどのようなものか

染料インクは、非常に細かい粒子でできているためプリンターのノズルに詰まりにくい特徴があります。そのため、トラブルが少なく使用することができます。また、溶剤となるものに溶けやすいという大きな特徴があり、紙の内部まで浸透し印刷され、インク同士がなじみやすいので綺麗なグラデーションを再現することができます。また、浸透してから発色するため、写真印刷など高画質や高精彩の印刷をするさいに最適なものになります。しかし、溶剤に溶けやすい性質があるため、紙の種類によっては溶剤が広がりにじみの原因なることもあります。そして、基本的に水溶性のものであるので、水についてしまうと溶けだしてしまいます。また、光にも弱いため劣化するのも早いので、印刷物の保管には注意が必要です。