プリンターの純正インクとはどういうものでしょう

プリンターのインクは大まかに言って3種類あり、純正インク、互換インク、リサイクルインクに分けられます。純正インクはプリンターのメーカーが製造したもので、いわば正規品です。パッケージには「純正」と記載され、プリンターメーカーのロゴも印刷されています。プリンターの特性が十分に考慮され、細かい点まで最適に調整されているので、カートリッジのせいでトラブルが起こることも少ないとされています。それに対して、プリンターメーカーとは別の会社がカートリッジを含めて独自に作っているのが互換インクです。そして、使用済みの純正カートリッジに新たに中味を詰め直していて販売しているのが、リサイクルインクです。カートリッジは純正と同じですが、中は別物のため、それが故障の原因となることもあります。

純正品と他の製品との値段と質の違いは?

プリンターメーカーが製造した純正品は、値段的には他に比べ高額です。ただ、万が一、純正品を使っていてプリンターのトラブルが起こった場合、保証期間内の無償修理が受けられるという安心感を加味すると、一概に値段が高いことがデメリットとは言い切れません。逆に言えば、互換インクなどを使っていて、プリンターが動かなくなるなどの不具合が起こった場合には、保証期間内であっても有償修理となる可能性は大いにあります。互換品やリサイクル品は、メーカーごとに品質の差が大きいので、純正品と変わらない品質で、価格は安いものもあれば、あっという間にプリンターに大きなダメージを与えてしまうものもあります。特に、余りにも値段が安い製品については、使用を避けることをおすすめします。

正式な文書や保存用には純正品を

純正品の最大のメリットは、印刷の質の高さです。互換品やリサイクル品でも質の高いものがありますが、会社で作成して取引先に渡したり、長期の保存文書に使用する時には純正インクを使用した方が安心できます。逆に、家庭で多く印刷する時などには、コストから考えると価格の安い製品も選択肢の一つです。もちろん、家庭用でもできる限り故障などのトラブルを避けたい場合には純正品の方が安心できます。また、純正インクと互換インク・リサイクルインクは同時に使用しない方がいいです。不必要な筋が入るなど印刷がきれいに仕上がらないことも多く、発色の違いが目立つこともあります。リスクを承知した上で互換インクなどを使用する場合も、同じメーカーのインクで揃えることをおすすめします。