プリンターの非純正インクとはどういうものでしょう

プリンターのインクには、純正と非純正がありますが、どちらをお使いでしょうか。非純正インクの方が比較的安価ですし、頻繁にプリンターをお使いの方ならなおさら、非純正インクをお使いの方も多いのではないでしょうか。また、非純正インクはネットなどでもまとめて安価に販売されており、購入する方も多いでしょう。しかし、プリンターを製造したメーカーで作っている純正インクとプリンターを製造したメーカー以外のメーカーが作った非純正インクには、いろいろ違いがあります。色はそれぞれ同じなのか、画質などに違いはないのか、プリンターへの影響などはないのかなど、気になったことはありませんか。どのような違いがあるのかを知った上で、インクを選択することをおすすめします。

プリンターインクの種類と違いについて

プリンターの純正インクは、プリンターのさまざまな特性を充分に発揮できるようにプリンターメーカーで作られています。そのため、メーカーでは、純正品の使用を推奨しています。純正インクは、非純正、互換インクと呼ばれる製品と比べると価格は高いのですが、一つメリットがあります。純正を使用していて、プリンターに不具合などがあった場合には、メーカーの保証期間内であれば、無償で修理をしてくれるのです。それに比べ、非純正の場合は、安価でコストパフォーマンスも良いのですが、それを使用してプリンターにトラブルなどがあっても、メーカーではたとえ保証期間や保守契約期間内ではあっても無償で修理はしてくれません。また、非純正インクでは、純正との色の違いや耐水性などに劣るものも少なくありません。

非純正インクによるトラブルのいろいろ

非純正インクは、発色や耐性がよくない場合があります。メーカーによっては、プリントの違いを比較して公開していますので、参考にすると良いでしょう。それだけの違いならと思いがちですが、突然印刷できなくなるというトラブルが起こる場合があります。クリーンアップしようが何をしようが印刷できなくなるというトラブルが数多く発生しています。また、非純正のインク成分によって、プリントヘッド部分が発熱し、煙が出るというようなことがあったという報告もされています。こうなると、メーカーへ修理を依頼する場合、たとえ保証期間内であったとしても修理代がかかります。また、プリンターを修理窓口へ宅配などで送る場合には、送料もこちら持ちで支払わなければなりません。最終的に修理ができないということにもなりかねず、そうなると結局プリンターを買い直さなければならなくなります。このようなことから、プリンターのメーカーでは、品質保持、性能維持のために、純正の使用を推奨しています。